名誉会員

吉田 時子

50有余年にわたり、看護教育の場で指導的な役割を果たされるとともに、看護学教育と研究の発展、その環境の改善に向けて献身的な活躍をされ、大学・短期大学・専門学校等、広範囲にわたり看護学教育の発展に多大な貢献をされました。

看護学教育に関連する氏の職歴は、厚生省看護研修研究センターの初代所長を務められたこと、母校である聖路加学園において専門学校、短期大学、大学の創設に関わられたこと、聖隷クリストファー大学の初代学長を務められたことなどが挙げられます。

本学会における活動としては、前身である「全国看護教育研究会」において、12年間初代会長を務められ、学会移行の際の設立準備委員会の委員長の任を果たされました。1991年、本学会が設立された際は、初代理事長を6年間務められ、学術会議に登録される学会として発展するために卓越したリーダーシップを発揮されました。これらの功績を称え、2000年の本学会定例総会において、本学会第一号の名誉会員を授与されました。

吉武 香代子

小児看護学、看護管理学の先駆者として看護学の発展に多大な貢献をされるとともに、厚生労働省、文部科学省の委員を歴任され、千葉大学看護学部学部長、東京慈恵会医科大学医学部看護学科学科長としても、日本の看護教育の向上にも大きな役割を果たされてきました。専門領域である小児看護学においては、子どもの入院環境の改善、小児看護における母親の参加、臨床を重視する教育に力を入れられ、現日本小児看護学会の設立にも尽力されました。

本学会の基盤となった全国看護教育研究会では、1962年~1987年の25年間にわたり、講演者として、またワークショップのアドバイザーとして看護教育者への指導にあたられました。また、本学会設立準備委員会では会則担当委員を勤められ、学会設立年にあたる1991年の40周年記念式典において表彰を受けられました。本学会設立以降は、1991年7月~1994年8月および1994年8月~1997年8月の2期にわたり、教育研究担当理事として本学会の基盤づくりに貢献されました。これらの功績を称え、2003年の本学会定例総会において、名誉会員第二号を授与されました。

小島 操子

本学会の基盤となった全国看護教育研究会では、1976年~1986年の間の7年にわたり講演者として、またワークショップのアドバイザーとして看護教育者への指導にあたられました。また本学会設立準備委員会では会則担当委員を勤められ、1991年の全国看護教育研究会40周年記念式典において表彰を受けられました。

本学会設立以降は、1991年7月~1994年8月および1994年8月~1997年8月の2期にわたり、会則・渉外担当理事として本学会の基盤づくりに貢献されました。1992年7月に本学会第2回学術集会長を勤められました。これらの功績を称え、2008年の本学会定期総会において、名誉会員として承認されました。

近藤 潤子

本学会の基盤となった全国看護教育研究会では、1968年~1985年の間の12年間にわたり講演者として、またワークショップのアドバイザーとして看護教育者への指導にあたられ、1991年の全国看護教育研究会40周年記念式典において表彰を受けられました。

本学会設立以降は、1991年7月~1994年8月および1994年8月~1997年8月の2期にわたり、会則・渉外担当理事を、また2001年8月~2003年8月まで監事を勤められ、本学会に多大な貢献をされました。これらの功績を称え、2008年の本学会定期総会において、名誉会員として承認されました。

沢 禮子

本学会の基盤となった全国看護教育研究会では、1989年~1991年まで、本学会設立準備委員会委員として貢献されました。

本学会設立以降は、1991年7月~1994年8月および1994年8月~1997年8月の2期にわたり、監事を勤められ、本学会の発展に貢献されました。これらの功績を称え、2008年の本学会定期総会において、名誉会員として承認されました。

田島 桂子

1991年本学会設立時から、理事2期を含め評議員5期、第6回学術集会会長(1996年)を務め、2000年~2003年は理事長として学会の発展を推進されました。

学会設立以前の「全国看護教育研究会」では、長年にわたり全国の看護教員を対象とした夏の集中研修会(ワークショップ)の企画や雑誌発行に尽力、本学会設立に向けた基盤づくりに貢献されました。2002年には厚生科学研究費による「看護基礎教育における看護技術及び認知領域面の教育のあり方に関する研究」を研究代表者として主導し、その結果を講演・研修会を通して普及されました。

1977年、わが国で初の看護教育者の教育機関である「厚生省看護研修研究センター」では、設立当初から幹部看護教員養成課程の教育・研究を担当され、教務科長就任後は海外看護教員受け入れ課程の教育企画・指導、国際協力事業団と連携をとり、看護教育者の教育に尽力されました。1992年からは聖隷クリストファー看護大学教授、学部長、大学院研究科長、聖隷学園理事等を歴任されました。その後、広島県立保健福祉大学(2005年~県立広島大学へ統合)で副学長・教授、教育研究交流センター長を歴任し、2004年3月に退職されました。

本学会並びに、看護学教育の実践・研究の幅広い分野における看護学教育の礎を築き、我が国の看護学教育発展への功績が認められ、2018年名誉会員となられました。

藤村 龍子

1991年本学会設立時から、理事2期、監事1期を含め評議員5期、第4回学術集会長(1994年)を務め、教育研究担当理事として6年間、毎年ワークショップ開催に尽力されました。

1994年には本学会が目的とする看護学教育の向上を継続的に発展させ、学術的基盤を培っていく集団としての成熟化・専門職化を意図し、2002年~厚生科学研究費による「看護基礎教育における看護技術及び認知領域面の教育のあり方に関する研究」の班員として尽力され、本学会の発展に寄与されました。

東海大学医療技術短期大学看護学科教授、慶應義塾看護短期大学教授、東海大学健康科学部看護学科教授、東京慈恵会医科大学医学部看護学科教授を歴任され、2001年から2006年に東海大学健康科学部学部長、2008年から2011年には東京慈恵会医科大学医学部看護学科学科長を勤められました。本学会並びに幅広い分野における看護学教育の実践・研究を通して我が国の看護学教育発展への貢献が認められ、2018年名誉会員となられました。