名誉会員

吉田 時子氏

50有余年にわたり、看護教育の場で指導的な役割を果たされるとともに、看護学教育と研究の発展、その環境の改善に向けて献身的な活躍をされ、大学・短期大学・専門学校等、広範囲にわたり看護学教育の発展に多大な貢献をされました。

看護学教育に関連する氏の職歴は、厚生省看護研修研究センターの初代所長を務められたこと、母校である聖路加学園において専門学校、短期大学、大学の創設に関わられたこと、聖隷クリストファー大学の初代学長を務められたことなどが挙げられます。

本学会における活動としては、前身である「全国看護教育研究会」において、12年間初代会長を務められ、学会移行の際の設立準備委員会の委員長の任を果たされました。1991年、本学会が設立された際は、初代理事長を6年間務められ、学術会議に登録される学会として発展するために卓越したリーダーシップを発揮されました。これらの功績を称え、2000年の本学会定例総会において、本学会第一号の名誉会員を授与されました。

吉武 香代子氏

小児看護学、看護管理学の先駆者として看護学の発展に多大な貢献をされるとともに、厚生労働省、文部科学省の委員を歴任され、千葉大学看護学部学部長、東京慈恵会医科大学医学部看護学科学科長としても、日本の看護教育の向上にも大きな役割を果たされてきました。専門領域である小児看護学においては、子どもの入院環境の改善、小児看護における母親の参加、臨床を重視する教育に力を入れられ、現日本小児看護学会の設立にも尽力されました。

本学会の基盤となった全国看護教育研究会では、1962年〜1987年の25年間にわたり、講演者として、またワークショップのアドバイザーとして看護教育者への指導にあたられました。また、本学会設立準備委員会では会則担当委員を勤められ、学会設立年にあたる1991年の40周年記念式典において表彰を受けられました。本学会設立以降は、1991年7月〜1994年8月および1994年8月〜1997年8月の2期にわたり、教育研究担当理事として本学会の基盤づくりに貢献されました。これらの功績を称え、2003年の本学会定例総会において、名誉会員第二号を授与されました。

小島 操子氏

本学会の基盤となった全国看護教育研究会では、1976年〜1986年の間の7年にわたり講演者として、またワークショップのアドバイザーとして看護教育者への指導にあたられました。また本学会設立準備委員会では会則担当委員を勤められ、1991年の全国看護教育研究会40周年記念式典において表彰を受けられました。

本学会設立以降は、1991年7月〜1994年8月および1994年8月〜1997年8月の2期にわたり、会則・渉外担当理事として本学会の基盤づくりに貢献されました。1992年7月に本学会第2回学術集会長を勤められました。これらの功績を称え、2008年の本学会定期総会において、名誉会員として承認されました。

近藤 潤子氏

本学会の基盤となった全国看護教育研究会では、1968年〜1985年の間の12年間にわたり講演者として、またワークショップのアドバイザーとして看護教育者への指導にあたられ、1991年の全国看護教育研究会40周年記念式典において表彰を受けられました。

本学会設立以降は、1991年7月〜1994年8月および1994年8月〜1997年8月の2期にわたり、会則・渉外担当理事を、また2001年8月〜2003年8月まで監事を勤められ、本学会に多大な貢献をされました。これらの功績を称え、2008年の本学会定期総会において、名誉会員として承認されました。

沢 禮子氏

本学会の基盤となった全国看護教育研究会では、1989年〜1991年まで、本学会設立準備委員会委員として貢献されました。

本学会設立以降は、1991年7月〜1994年8月および1994年8月〜1997年8月の2期にわたり、監事を勤められ、本学会の発展に貢献されました。これらの功績を称え、2008年の本学会定期総会において、名誉会員として承認されました。