一般社団法人
日本看護学教育学会委員会規程

総務委員会規程

(設 置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)は、常設委員会として総務委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任 務)
第2条  委員会は、次にあげる事項を審議する。
一、会則・規程に関すること
二、理事会運営に関すること
三、理事会庶務に関すること
四、その他理事会活動に関すること

(組 織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。
一、理事長・副理事長
二、財務委員会委員1名
三、前条第3号を担当する理事1名

(任 期)
第4条  委員の任期は理事の任期と同一期間とする。

(会 議)
第5条  委員会に委員長を置き、理事長がその任にあたる。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の全員の出席をもって開催する。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことできる。

(事 務)
第6条  委員会の事務は、第3条三の理事(庶務担当理事)が行う。

(委 任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。

財務委員会規程

(設 置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)は、常設委員会として財務委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任 務)
第2条  委員会は、次にあげる事項を審議する。
一、会費徴収・管理に関すること
二、予算・決算に関すること
三、各種委員会の会計に関すること
四、その他財務に関すること

(組 織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。
一、理事2名
二、その他理事若干名を加えることができる。

(任 期)
第4条  委員の任期は理事の任期と同一期間とする>

(会 議)
第5条  委員会に委員長を置き、各委員の互選により決定する。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の全員の出席をもって開催する。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(事 務)
第6条  委員会の事務は、委員が行う。

(委 任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。

編集委員会規程

(設 置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)に、常設委員会として編集委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任 務)
第2条  委員会は、次にあげる活動を行う。
一、学会誌の年3回の発行に関すること。
二、投稿規程の運用に関すること
三、査読者の推薦・依頼に関すること
四、その他編集全般に関すること

(組 織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。
一、理事2名
二、その他理事若干名を加えることができる。
三、担当理事が推薦し、理事会が承認した評議員・会員8~10名

(任 期)
第4条  理事の任期に一致するものとする。

(会 議)
第5条  委員会に委員長を置き、理事がその任にあたる。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(事 務)
第6条  委員会の事務は、委員が行う。

(委 任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める。

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。

広報・渉外・社会貢献委員会規程

(設 置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)に、常設委員会として広報・渉外・社会貢献委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任 務)
第2条  委員会は、次にあげる活動を行う。
一、ホームページの管理と運営に関すること
二、一般社会への看護学教育に関する啓発活動に関すること
三、看護系諸団体との連携に関すること
四、社会貢献活動に関すること
五、その他の広報・渉外・社会貢献に関すること

(組 織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。
一、理事2名
二、その他理事若干名を加えることができる。
三、担当理事が推薦し、理事会が承認した評議員・会員若干名を加えることができる。

(任 期)
第4条  理事の任期に一致するものとする。

(会 議)
第5条  委員会に委員長を置き、理事がその任にあたる。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(事 務)
第6条  委員会の事務は、委員が行う。

(委 任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。

教育活動委員会規程

(設 置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)に、常設委員会として教育活動委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任 務)
第2条  委員会は、次にあげる活動を行う。
一、会員の教育能力の向上に関すること
二、教育倫理に関すること
三、その他の教育活動に関すること

(組 織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。
一、理事2名
二、その他理事若干名を加えることができる。
三、担当理事が推薦し、理事会が承認した評議員・会員若干名を加えることができる。

(任 期)
第4条  委員の任期は理事の任期と同一期間とする。

(会 議)
第5条  委員会に委員長を置き、理事がその任にあたる。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(事 務)
第6条  委員会の事務は、委員が行う。

(委 任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。

研究推進・研究助成委員会規程

(設 置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)に、常設委員会として研究推進・研究助成委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任 務)
第2条  委員会は、次にあげる活動を行う。
一、研究活動推進に関すること
二、研究助成に関すること
三、研究倫理に関すること
四、研究成果の社会的還元に関すること
五、その他の研究活動に関すること

(組 織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。
一、理事2名
二、その他理事若干名を加えることができる。
三、担当理事が推薦し、理事会が承認した評議員・会員若干名を加えることができる。

(任 期)
第4条  委員の任期は、理事の任期と同一期間とする。

(会 議)
第5条  委員会に委員長を置き、理事がその任にあたる。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(事 務)
第6条  委員会の事務は、委員が行う。

(委 任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。

教育制度委員会規程

(設置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)に、常設委員会として看護教育制度委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任務)
第2条  委員会は、次にあげる活動を行う。
一 看護学教育制度関連データベース作成及び更新に関すること
二 その他、看護学教育制度にかかわること

(組織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織とする。
一 理事1名
二 その他若干名の理事を加えることができる。
三 担当理事が推薦し、理事会が承認した評議員・会員若干名を加えることができる。

(任期)
第4条  理事の任期に一致するものとする。

(会議)
第5条  委員会の委員長を置き、理事がその任にあたる。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(事務)
第6条  委員会の事務は、委員が行う。

(委任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める。

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。

特別委員会規程

(設置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)は、定款第42条に基づき特別委員会を設置することができる。

(任務)
第2条  委員会は、理事会において付託された特別な事項に関し、審議および活動を行う。

(組織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織とする。
一 理事若干名
二 理事会において承認された評議員・会員若干名を加えることができる。

(任期)
第4条  委員の任期は理事会から付託された事項が終了するまでとする。

(会議)
第5条  委員会の委員長を置き、理事がその任にあたる。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(事務)
第6条  委員会の事務は、委員が行う。

(委任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める。

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。

学会活動委員会規程

(設 置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)の決定に基づき、特別委員会として学会活動委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任 務)
第2条  委員会は、次にあげる活動を行う
一、本学会の活動に関すること
二、法人化に関すること
三、規則等の整理に関すること
四、その他、付託された事項

(組 織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。
一、理事1名
二、理事若干名

(任 期)
第4条  委員の任期は理事会から付託された事項が終了するまでとする。

(会 議)
第5条  委員会に委員長を置き、理事がその任にあたる。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(事 務)
第6条  委員会の事務は、委員が行う。

(委 任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。

災害支援対策委員会規程

(設 置)
第1条  一般社団法人日本看護学教育学会理事会(以下「理事会」という。)の決定に基づき、特別委員会として災害支援対策委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(任 務)
第2条  委員会は、次にあげる活動を行う。
一、看護学教育機関への災害支援対策に関すること
二、会員への災害支援対策に関すること
三、その他、看護学教育における災害支援対策に関すること

(組 織)
第3条  委員会は、次に掲げる委員をもって組織する。
一、理事1名
二、その他理事若干名を加えることができる。
三、担当理事が推薦し、理事会が承認した評議員・会員若干名を加えることができる。

(任 期)
第4条  委員の任期は理事会から付託された事項が終了するまでとする。

(会 議)
第5条  委員会に委員長を置き、理事がその任にあたる。
2. 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。
3. 委員会は、委員の過半数の出席がなければ、会議を開くことができない。
4. 委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、その意見を聞くことができる。

(事 務)
第6条  委員会の事務は、委員が行う。

(委 任)
第7条  この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会の議に基づき委員長が定める

附 則  本規程は、2014年4月1日から施行する。